昔の住宅

昔の住宅に比べて、アルミサッシやビニールクロス、フローリングなど、隙間風の入らない住宅になったのに熱損失がなぜ起こるのか疑問を抱かれる方も多いのではないだろうか。熱は温度の高い方から低い方へ移動する性質があるためである。暖房時の室温は外気に比べて相当高くなっているため、熱は外に向かって流れていく。これと同じように水蒸気も温度の高い方から低い方に流れる性質がある。結露には、室内の壁などに発生する表面結露と、壁の中、即ち内側壁と外側壁の間に発生する内部結露がある。表面結露は、室内の空気がよどんで動かないと、壁表面へ熱が伝わらなくなり、表面温度が低くなって発生する。ダンスなどの裏側や押入れなどに発生し易いのはこのためである。室温を低くして、外気との温度差を少なくすれば結露は発生しなくなると勘違いしている人がいるが、室温が低すぎて、空気中の水蒸気が自然に飽和して結露する例もあるので注意が必要である。一般に暖房時には表面結露は発生しない。地震列島日本では建物を建てる時、必ず地震を見越した設計をする。各種不動産知識は、←こちらをご覧ください。暖房時に、炊事やそのほかの原因で水蒸気の発生があり、暖房を停止すると温度だけが降下して、低温で水蒸気量が高くなり結露が発生し易くなる。従って室温が降下すると同時に、室内水蒸気も減少するようにしなければ防止することは難しい。冷たい外気が入らないように熱交換型の換気によって夜間も水蒸気を排出するようにするとか、就寝前に数分間、窓を開けて外気を取り入れる工夫が必要である。

EZ083_L

Comments are closed.